【妊娠初期〜中後期】妊婦の葉酸欠乏によるリスクとは?

妊婦にとって葉酸は必要不可欠な栄養素とされており、葉酸の欠乏にはいろいろなリスクがあるとされています。
では、そもそも葉酸にはどういう働きがあり、なぜ欠乏によってリスクが生じてしまうのでしょうか。
葉酸の働きと欠乏による妊婦のリスクについて説明していきましょう。

 

そもそも葉酸にはどういう働きがあるのか

葉酸はビタミンB類の一種で、細胞分裂を助ける働きがあるとされています。
では、どのような形で細胞分裂にかかわっているのでしょうか。
人間の細胞の中には遺伝情報を伝える核となる遺伝子があり、デオキシリボ核酸(DNA)を主成分としています。

 

細胞分裂に当たってはまずDNAの複製から始まり、これが完了した後に核分裂が行われ、最終的には細胞が2つに増えるメカニズムになっています。
DNAの複製は細胞内で行われているのですが、このDNA生成に必要になってくるのが葉酸なのです。
つまり、葉酸が十分になければ細胞内でDNAが十分に作られないということになるのです。

 

DNAが十分に作られなければ核分裂の準備に時間がかかってしまいますので、必然的に細胞分裂のスピードは遅くなってしまいます。人間が新陳代謝を行うためには新しい細胞を作る必要があるのですが、細胞分裂のスピードが遅くなると新陳代謝のペースも遅くなってしまうのです。

 

妊娠初期に葉酸が欠乏することのリスク

葉酸欠乏が最も深刻なダメージをもたらすのは、妊娠初期だとされています。これはお腹の赤ちゃんが細胞分裂を繰り返すことによって主要な器官を作っている時期だからです。
そもそも赤ちゃんは、最初は受精卵という1つの細胞にすぎません。

 

この受精卵が何度も細胞分裂を繰り返すことによって、人間の形になっていくのです。中枢神経が作られる時期、心臓が作られる時期、消化管が作られる時期、いずれも盛んに細胞分裂が行われているのです。
もしこの時期に葉酸が欠乏してしまうと、赤ちゃんの成長に細胞分裂が追い付かなくなってしまうのです。結果として主要な臓器の生成がうまくいかず、先天性異常のリスクを抱えてしまうというわけです。

 

一番よく知られている例は、二分脊椎と無脳症です。妊娠4〜5週が中枢神経の作られる時期だとされていますが、この時期に葉酸が欠乏すると中枢神経の生成がうまくいかず、脊椎が分離して運動機能に問題が出てしまったり、脳がなくなって流産や死産の原因になってしまったりするのです。このリスクについては厚労省も把握しており、葉酸を積極的に摂取することを推奨しているくらいです。

 

妊娠中後期に葉酸が欠乏することのリスク

では、妊娠中後期についてはどうでしょうか。この時期には赤ちゃんも成長していますので、酸素や栄養分を十分に供給してあげる必要があります。
このため、胎盤まで酸素や栄養分を運ぶ血液の量が増えるのですが、これが貧血の原因となってしまうのです。
血液の量が増えているのに貧血とはおかしな話だと思うかもしれませんが、これは血液の量に比例して赤血球の数が増えてくれるわけではないので、結果として血液が薄くなってしまうためです。

 

そして、赤血球も体の細胞から作られるものですから、数を増やすためには母体の側で細胞分裂がしっかりと行われる必要があります。
このときに葉酸が欠乏していると、たとえ生成に必要な鉄分が十分であっても赤血球がうまく作られなくなり、貧血になってしまうのです。
こうなると赤ちゃんに十分な酸素を供給することができませんので、発育不良の原因になってしまうのです。

 

葉酸は妊娠初期だけでなく、中後期でも欠乏によるリスクが存在するということなのです。

 

葉酸の重要性と欠乏のリスクは、以上の通りです。もしあなたが健康な赤ちゃんを望むのでしたら、サプリメントなどを活用して葉酸を積極的に摂取するのがいいでしょう。それが赤ちゃんの健康にとっても、あなたの健康にとっても重要なことなのですから。